シングルサインオンを導入したい!コストを抑える秘訣はOSS

OSS(オープンソースソフトウェア)をご存知ですか

ガッツポーズをする

エンジニアにとってOSS(オープンソースソフトウェア)はとても身近な存在で、エンジニア以外の方でもOSSという言葉を目にされた方は多い事でしょう。ここではこのOSSについて簡単に説明します。
ソフトウェア開発の黎明期においては、ソースコードとソフトウェアは学術機関や研究機関の従事者の間で共有・修正・再頒布するためパブリックドメインで共有されるのが習わしでした。このスタイルこそがOSSのひな形です。
しかしソフトウェア開発の商業化に伴いソースコードに対する第三者の権利を制限する事で開発元の収益や知的財産を守るという考えがOSSの概念を隅に追いやります。その後、利用者が共有・修正する事ができないソフトウェアによって研究や全体の発展が阻害されているとのムーブメントが起こります。そんな中、1990年代から2000年代初頭にかけてOSSは市民権を得たのです。
現在OSSと呼ばれるものは無制限の自由を認める訳ではなく、オープンソースライセンスの認める範囲で利用者にソフトウェアとソースコードの自由な利用を認めている事に注意が必要です。この点は忘れずに留意しておきましょう。利用許諾を得た利用者による共有・修正と再頒布のプロセスを経てOSSは世に送り出され改良され続けているのです。

OSS(オープンソースソフトウェア)のメリットと注意点

笑顔の男女

ソースコードの改変や再配布が自由に認められている無償のソフトウェアのことをOSS(オープンソースソフトウェア)と言います。さまざまなタイプのものが世の中に流布しています。無償で提供されていますが、高性能かつ信頼性が高くて企業などで活用されていることが多いです。OSSは改変や再配布に対して特別な資格は必要ありません。世の中に広く流通しているため、多くのエンジニアが精通しているという側面もあります。 OSSのメリットは無償提供という点だけではありません。ソースコードが公開されているため、脆弱性などが見つかった場合でもすぐに修正されます。ま…

Choices Contents

NEW2021年03月11日
OSS(オープンソースソフトウェア)をご存知ですかを追加しました。
NEW2021年03月11日
使用者や開発者にとってのOSSのメリットを追加しました。
NEW2021年03月11日
OSSは企画の段階からしっかりと監査できるを追加しました。
NEW2021年03月11日
OSS(オープンソースソフトウェア)のメリットと注意点を追加しました。

≫ 記事一覧へ